みんながもらったトロフィーたち!

私のたった一つだけのトロフィー

小さな頃から特に習い事もしなかった私は表彰されるような事がありませんでした。そのためトロフィーはもちろん賞状などもありませんでした。そんな私が最近はじめた趣味はカメラで撮影することです。人や風景や動物などを被写体に撮影しています。
そんな私がコンクールに応募してみることになりました。どちらかというとコンクールに出す写真を撮るのではなく良い写真が撮れたからコンクールに出そうと決めました。その初めてのコンクールで入賞することができました。私の周りの人はとてもびっくりしましたが一番びっくりしたのは自分自身でした。その時のとても小さなトロフィーは中学から大学まで陸上をやっていた主人の大きなトロフィーコレクションの横に一緒に並んでいます。

沢山ありすぎてありがたみのないトロフィー

主人のトロフィーコレクションは素晴らしく大中小の様々なトロフィーが20個程並んでいます。実家にもまだあるそうで段ボールの中に入っているそうです。この中で一番うれしかったのはどれなのかと聞くと大きさが一番大きいトロフィーだそうです。本人曰くどのトロフィーももらった時はうれしかったそうですが小さなトロフィーはもらった時のことを忘れてしまったそうです。
私からしたらなんて罰当たりなんだろうと思いますが時間が経てば仕方がありません。しかしこの小さなトロフィーをもらうために汗を流して苦労したことは忘れていないと思います。そんな思い出と一緒にこれからも大切に飾っておきたいとおもいます。我が家のトロフィーコレクションはこれからも増えていけばいいと思います。私たちがもらう事は無いと思うので娘に希望を託します。