トロフィーの大きさに込められた意味って?

大きさは栄誉の大きさ

大会と呼ばれるものではよくトロフィーがあります。スポーツでも学問でも大会における優勝者に授与されるものがトロフィーです。大会に参加している者のほとんどが優勝トロフィーを目指して挑戦しています。
大会におけるトロフィーにほとんどは大きく作られているのではないでしょうか。では、何故トロフィーには大きさが重視されているのでしょうか。その答えはトロフィーの意味にあります。
トロフィーに込められた意味とは栄誉や栄光です。つまりトロフィーが大きければ大きいほどに栄誉や栄光も大きなものとして扱われているのです。自宅に自分の優勝した大会の大きいトロフィーがあれば自分の栄光を思い出し、先の人生に向けて勇気を持って進むことにも繋がるのです。

最重要はデザインではなく大きさ

トロフィーを作る場合において最も重要とされているのはデザイン性ではありません。トロフィーに重要なのは大きさではないでしょうか。確かにデザイン性に富んでいれば注目度は高まるでしょう。しかし、優勝者にしか授与されないものがトロフィーです。トロフィーそのものが既に大きな意味を持っているのです。
トロフィーを貰える瞬間に参加者は達成感や幸福感が込み上げてくるものなのです。
そんなトロフィーが大きく作られていれば優勝した方の感じる喜びも通常のものよりも大きくなるはずです。
そしてトロフィーの大きさはその大会における強さの証明でもあるのです。
大会に参加する際にはトロフィーの大きさにも注目してみてはいかがでしょうか。大きさを知ることで大会の大きさを知ることにも繋がることでしょう。